岡本クリニック

循環器科(心臓・高血圧・不整脈)・呼吸器科・内科

症状について

HOME»  生活習慣病

生活習慣病

症状について

生活習慣病とは・・・

生活習慣病は、現代人の好ましくない生活習慣によって起こります。代表的な病気に 「高血圧症」、「高脂血症」「糖尿病」があります。
生活習慣病は、「動脈硬化症を引き起こしたり、促進する危険因子!」だから 怖いのです。

 

でも、動脈硬化症ってどんな病気?

私たちの体は頭の先から足の先まで血管で網羅されています。
特に大事な臓器は血管が豊富です。

動脈硬化症とは、大動脈から細小動脈まで全ての動脈の壁が硬く厚くそして脆くなり、同時に内腔が狭くなる病気です。

一旦起こると元に戻らない厄介な病気です。
これによって血液の流れが阻害されたり、血管が破綻(破裂)して、様々な致命的な病気を併発します。

 

動脈硬化症が起こす病気

脳動脈の硬化
冠動脈の硬化
大動脈の硬化
腎動脈の硬化
眼底動脈の硬化
下肢動脈の硬化





一過性脳虚血、脳卒中(脳梗塞、脳出血)
狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈
胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤
腎動脈への血液流入が減り、高血圧、腎不全を来す
眼底出血、視野欠損、失明
歩行中のふくらはぎの痛み、さらに血液の流れが悪くなると壊疸